医学部志望の高校生に家庭教師がおすすめの理由!他にはないメリットが豊富

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

倍率が高くて専門知識が必要な大学の医学部へ入学するためには、学校の授業だけではなく郊外学習も必要です。

校外学習には自宅で自分で勉強する方法の他に、学習塾やオンライン塾、家庭教師など、いくつかの種類があります。

そのうち、医学部志望の高校生におすすめなのは家庭教師です。なぜ医学部に合格するには家庭教師が適しているのか、理由を詳しく説明しましょう。

医学部を目指す高校生に家庭教師がおすすめな3つの理由

家庭教師とは、生徒の自宅へ出向いてマンツーマンで学習指導をしてくれる人のことです。

自分で計画的に勉強ができ、結果を出す自信があるなら、自宅学習を選択すれば問題ありません。

しかし、少しでも不安があるなら、家庭教師を雇うことをおすすめします。その理由を3つ説明しましょう。

1.自宅でリラックスしながら勉強できる

医学部に合格するための勉強は内容が難しく、集中力がないとなかなか思うようにはかどりません。

学習塾は他の生徒がいるので、周りの目が気になる性格の人だと、勉強に身が入らない可能性があります。

その点、家庭教師なら自分と教師の2人きりで、リラックスできる自宅にて勉強できるため、集中しやすいというのがおすすめの理由です。

環境面でいうと自宅学習が良いけれど、「誰かに監視されていないとサボってしまうのでは」と不安を感じる人にも家庭教師が適しています。

2.自分に合った方法で勉強できる

家庭教師の場合は生徒に合った勉強方法で指導を実施するため、効率良く医学部入学に必要な学力をつけられます。

学習塾はあらかじめカリキュラムが決まっていますから、苦手な部分の学習を重点的に行うことができません。

自分にはどんな勉強方法が合うのかわからない、理解度に合わせて指導をして欲しい人にとっては、家庭教師による指導が最も手応えがあるはずです。

3.移動時間を勉強に利用できる

学習塾が家のすぐ近くにあれば良いですが、電車で片道30分かかるなど、遠方にあるケースは決して少なくありません。

高校生の場合は朝から夕方までは学校がありますから、夕方から就寝までが校外学習にあてられる時間となります。

医学部を目指すとなると、1日の勉強時間は1分でも多く取りたいと思うのが普通です。

家庭教師なら塾へ行く時間を勉強に利用できますし、もし家の近くに塾がなくても問題ありません。

医学部志望の高校生が家庭教師を利用するメリット3つ

どの学習方法にもメリットはありますが、ここでは家庭教師ならではのメリットを3つ紹介します。

1.落ち着いた環境で自分に合った学習方法を選べる

家庭教師がおすすめの理由でも説明しましたが、学習塾とは違い、落ち着いた環境で自分のレベルに合った学習方法が選べるというのがメリットです。

医学部のための勉強はボリュームが多く内容も難しいため、できる限り早い時期から取りかかるのが合格への鍵となります。

しかし、自分に合わない環境で長い期間学習を続けると、途中で集中力が途切れて、思うように勉強が進まなくなってしまうかもしれないのです。

学習方法が合っていないと、何度も同じ問題でつまずいたり、苦手な分野が最後まで残る可能性は否定できません。

受験まで効率良く、最後まで勉強しきるには、落ち着ける環境と適した学習方法は必須条件です。

2.気軽に質問しやすい

自宅学習だと、わからない問題があっても他人へ質問できません。学習塾は可能ですが、周りの目が気になって質問できない人もいるでしょう。

その点、マンツーマン指導の家庭教師なら、わからないと思ったときに、周りの目を気にすることなく質問できます。

教師が現役の医学部生なら、実際に医学について学んでいるので知識がとても深いのです。

医学部出身でない講師よりも難しい質問に答えられるのも、メリットの一つと言えます。

3.医学部生が講師なら役立つ情報を教えてくれる

家庭教師の講師代はコンビニなどのアルバイトより高いのが特徴です。

今ある知識を生徒に教えるだけなので、改めて勉強をする必要はなく、作業を覚えることもないので、家庭教師のアルバイトを選ぶ医大生がたくさんいます。

現役医大生を教師に選ぶと難しい質問ができるのはもちろんのこと、実際の受験で役立つ情報を教えてくれる場合もあるのです。

過去問をこなすだけではわからない情報が入手できるので、家庭教師最大のメリットと言えるかもしれません。

まとめ

今も昔も変わらず、難関の医学部へ入るためには弛まぬ努力が必要です。自分でしっかりと学習計画が立てられれば独学でも問題はないですが、少しでも不安になるなら、家庭教師の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、自宅学習か学習塾か家庭教師か、どれが最適なのかは性格によって異なります。

自分には、または子供にはどの方法がベストなのか、じっくり検討をしてから選んでください。

家庭教師を選ぶときも、可能な限り無料体験や1日体験を利用して、相性の合う教師を見つけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*