家庭教師は冬休みだけ利用することは可能?自宅学習のサポートに最適

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭教師は、学習塾のように生徒が塾へ通うのではなく、自宅に講師を招いて学習するスタイルです。

受験勉強のサポートのために利用したり、自宅学習を効率良く行うために利用する方は多いのですが、冬休みのみなど、短期間だけ利用することは可能なのでしょうか?

結論から言うと、家庭教師は短期間でも利用できます。実は、冬休みに自分で学習したり、学習塾の短期講習を受講するよりもメリットが多いのです。

今回は、家庭教師を短期間利用することのメリットについて解説します。

家庭教師は冬休みなど短期間でも利用可能

家庭教師は「受験が終わるまで」「勉強が苦手なので卒業するまで」など、比較的長いスパンで利用するものと考えている方が多いかもしれません。中には、短期間の利用は断られてしまうのでは、と心配される親御さんもいらっしゃいます。

しかし実際は、夏休みだけ、冬休みだけなど、数週間や1ヶ月など、短い期間でも利用できる家庭教師はたくさんあるのです。

家庭教師にしようか学習塾にしようか迷っている場合や、卒業に向けて、冬休みにこれまでの遅れを集中的に取り戻させたいと思うと、長期ではなく短期間の利用を希望します。

また、冬休みのみ家庭教師を利用すると多数のメリットが得られるため、生徒さんの人格によっては、長期より短期の利用のほうが向いているケースもあるのです。

家庭教師で得られるメリットは多数!

冬休みのみ家庭教師を利用すると得られるメリットは多数ありますが、その中から6つピックアップして紹介します。

自分の子供には家庭教師の短期利用か、それとも学習塾の短期講習のほうが合っているのか、考えながら読んでいただくと、ぴったり合う方法が見つかるはずです。

周りの生徒と差をつけるチャンス

冬休みは約2週間程度しかありませんし、クリスマスや年末年始など、生徒にとっては楽しみな行事が多い時期でもあります。

そのため、冬休み中は遊びに夢中になってしまい、課題や復習、予習がおざなりになってしまった結果、3学期以降の勉強に出遅れてしまうケースは少なくないのです。

しかし、裏を返せば、冬休み中にきちんと勉強しておけば、周りの生徒と差をつけるチャンスがあるとも言えます。

家庭教師による効率の良い授業を受けていれば、冬休みの短い期間でも、十分に学力をつけることが可能です。

家庭教師が「お試し」できる

自分の子供に家庭教師が適しているのかは、実際に授業を受けてみないとわからない部分もあります。

他の学習方法との比較だけでなく、講師との相性も考えなければなりませんので、あれこれ考えるよりも、冬休みの短い期間を利用して、家庭教師を「お試し」してみるのが効率の良い方法です。

家庭教師を2週間利用し、子供が勉強しやすいと感じたらそのまま継続すれば良いですし、合わないと感じるなら、春休みに新しい学習方法を試してみても良いでしょう。

短期間で効率良く学習できる

冬休みの2週間というのは、驚くほどあっという間に過ぎていきます。行事がある日を休日とすると、実際は10日ほどしか勉強のための時間を確保できません。

自宅学習が苦手な生徒だと復習までしかできず、勉強量が不十分なまま新学期を迎えてしまいます。

短期講習は個人のレベルに合わせた内容ではないため、自分が苦手な部分を克服できずに終了してしまうこともあるでしょう。

そう考えると、やはり冬休みを使って効率よく学習していくには、自分の苦手分野や予習しておきたい分野に絞って学べる、家庭教師が最も効率が良い学習方法と言えます。

生徒にあったカリキュラムで学習可能

先ほども少し触れましたが、家庭教師の場合、どこをどう学習していくかは、生徒1人1人に合わせて決めていきます。学習塾は多数の生徒が一緒に授業を受けるため、個人に合わせることはできません。

そうなると、苦手分野が多い生徒や、平均レベルより学力が低い生徒は、冬休みだけ学習塾を利用しても、手応えのないまま終了してしまう可能性があります。

短期間で上手に学習するなら、必要な部分に絞られたカリキュラムで学べる家庭教師がおすすめです。

苦手分野を徹底的に復習できる

家庭教師は生徒に合ったカリキュラムを作成してもらえるため、苦手分野の克服に特化した指導をしてもらうことも可能です。

苦手な部分をそのままにしておくと、今後の学習に影響を与えてしまいます。勉強が遅れてしまわないよう家庭教師を利用して、苦手分野を徹底的に克服するための短期間集中プログラムで、学習させてみてはいかがでしょうか。

塾より自分のペースで学習できる

塾の短期講習は、短期間で多数の生徒が復習・予習に満足できるような学習内容となっています。

一般的な学力で、特に苦手と感じる分野がない生徒は、それでも新学期以降の授業のためのサポートになるでしょう。

しかし、生徒さんの学力によっては、「もっと教えて欲しい部分があった」「すでに理解してる部分ばっかりだった」と感じる場合もあります。そうなると、自分のペースで学習できる家庭教師のほうが適しているでしょう。

学習塾でも短期ではなくであれば、一つの分野に使える時間が多いため、詳しく教えてもらえる場合もあります。

冬休みは夏休みよりも短い期間ですから、自分のペースで勉強できるかが鍵となるため、家庭教師を利用し、今後の学習や受験対策に役立ててください。

まとめ

家庭教師は長期的な利用だけでなく、冬休みなど短期での利用も可能です。塾の短期講習より、生徒1人1人に合ったカリキュラムで学習できます。

短期間で学力を身につけるには、限られた時間でいかに効率よく勉強していくかが大事なポイントです。

周りの生徒との差をつけるためにも、ぜひ冬休みに家庭教師を利用し、集中的に学習をさせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*