海外在住の子供や帰国子女には家庭教師がおすすめ!学力の不安を解消しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「海外在住の子供が学校の勉強についていけていない」

「帰国子女の娘が帰国したときに、問題なく受験できるようにするにはどうすべき?」

と、このような悩みを抱えている親御さんはいらっしゃいませんか?

海外在住の子供や帰国子女の場合は、日本の学校に通う子供さんとは生活環境が違うため、どのように学校以外の勉強をサポートしたら良いのか悩むことは少なくありません。

海外に住む子供さんには、現地の塾に通うより、日本の家庭教師を利用したほうが効率良く学習できます。今回はその理由を詳しく説明します。

海外在住の子供や帰国子女が抱えやすい勉強の悩み

海外在住の子供さんや帰国子女は、国内で学ぶ子供さんにはない、特有の悩みがあるので説明します。

1.現地では外国語の学習塾しかない

海外で生活しているお子さんですから、生活や基本的な学習に支障が出ないぐらいの英語力は持っているでしょう。

しかし、外国語が日本語かと言われたら、日本語で勉強を教えてもらったほうがわかりやすいと感じるお子さんは少なくありません。

学校の授業でわからないところがあったときは特に、日本語で細かく指導してもらったほうが理解しやすいのですが、現地ではそれがかなわないのです。

2.帰国後の受験のための教材などを現地で調達しにくい

帰国後に日本の学校へ通う場合、受験するためのテキストが必要になります。しかし、海外に日本の学校向けの教材はほとんど売っていません。

日本から郵送することも可能ですが、どのテキストが勉強しやすいかは個人差があります。せっかく郵送したテキストがお子さんに合わなければ、受験勉強が思うように進まないでしょう。

3.現地で家庭教師にお願いするのは不安

海外でも家庭教師を雇うことは可能です。しかし、家庭教師は基本的にマンツーマン指導となるため、目の届かない場所で知らない人と2人きりで勉強することに、不安を覚える親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

家庭教師を雇うのは不安、塾では学力が伸びないとなると、どんどん学力は低下していくかもしれません。

海外在住の子供や帰国子女に家庭教師がおすすめの理由とメリット

海外在住の子供には、現地で学習塾に通う、家庭教師を雇うなどの方法があります。帰国子女の場合は、自分でネットを使って学習したり、日本から教材を送ってもらったりすることで、帰国後の受験対策が可能です。

しかし、現地で学ぶより、日本の家庭教師を雇い、オンラインで学習をするほうが効率が良いので、その理由とメリットを説明しましょう。

日本語による指導なのでわかりやすい

先ほども説明したとおり、日本の家庭教師なら日本語で対応してもらえますので、意思疎通がしやすいのがメリットです。お子さんの中には、勉強でわからないところを、外国語では上手く伝えられない方もいらっしゃるでしょう。

日本の家庭教師なら、言葉による弊害がなく、スムーズに疑問点が解消でき、学力の向上が期待できます。

個人に合わせた指導をしてもらえる

海外だけではないですが、学習塾だと個人の学習能力に合わせた指導ができないというのがデメリットです。

そのため、学校の授業のサポートとして利用していても、結局わからない点が理解できないまま、塾の授業が進んでしまうことで、学力が伸び悩んでしまう可能性があります。

その点、家庭教師であればカリキュラムはオーダーメイドです。個々の学習能力に合った指導が受けられるので、不得意な分野を得意分野に変えられる可能性もあります。

オンラインなのでネット環境さえあれば利用できる

日本から教材を送るには時間とお金がかかります。海外の学習塾に通う場合も、塾に通う時間が必要ですから、忙しい日々を送っているお子さんには難しいかもしれません。

しかし、日本の家庭教師を雇う場合は、オンラインでの授業となります。スマホやパソコンなどネットにつながるツールさえあれば、部屋にいながら授業が受けられるので手軽です。

親御さんが教材を郵送する手間はありませんし、忙しいお子さんでも学習塾よりは時間を使わずに学べます。

帰国後も続けて指導が受けられる

日本の家庭教師を利用していると、帰国子女の場合は帰国後も続けて同じ教師からの指導が受けられます。

帰国後も受験まで期間があるので、直前まで学習したいと思うはずです。日本の家庭教師以外の方法で学習していると、帰国後も学習したくても、自宅学習もしくは新しく家庭教師を雇う方法になります。

大事な時期に学習方法を変えるのはあまりおすすめできませんから、海外にいるうちから、日本の家庭教師を利用するのが効率が良いのでおすすめです。

まとめ

海外在住のお子さんや帰国子女のお子さんには、現地で学習するよりも、日本の家庭教師を雇ったほうが意思疎通がしやすいのでおすすめです。

個人に合わせたカリキュラムに沿って、聴き慣れた言語で学習できれば、勉強の効率がアップして学力も向上するでしょう。

帰国子女のお子さんなら、帰国後も続けて同じ教師からの指導を受けられるため、指導方法の変化による障害なく学習が続けられます。

家庭教師はお試しで利用することもできますので、一度お子さんに合うかどうか確かめるために、実際に授業を受けてもらってはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*