タイプ別に特徴が異なる進学塾の種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進学塾と聞いて頭に浮かぶ形の多くが、集団指導になるでしょう。学校と同じように多数の生徒を1人の講師が受け持ちます。そのため、ライバルと共に切磋琢磨試合ながら勉学に励むことができます。

学校のような集団指導は向いていないという生徒は個別指導がおすすめです。こちらは講師が生徒に最適な授業のプランを考えてくれるため、細かいところにも目が届くような仕組みになっています。

最近では映像授業も広まりつつあります。忙しくて進学塾に通う暇がないという人でも、映像授業ならば付いていくことが出来ます。時間や場所に囚われず授業を受けることが出来るだけでなく、再生スピードをコントロールして効率的に勉強をすることも可能です。

では、それぞれの特徴とメリットデメリットを見ていきましょう。

集団指導について

大学受験などを目標にした勉強というのは、遊びなどを我慢しなければいけないため基本的に辛く厳しいものです。そのため、その勉強をどうやって乗り切るのかということが受験を切り抜ける最大のポイントとなります。

モチベーションを維持するために他人と競争した方が良いという人は集団指導がおすすめです。集団指導とは数十人の生徒に対して1人の先生が講義を行います。学校と同じようなスタイルだと思えば分かりやすいでしょう。

集団指導のメリット

この集団指導最大のメリットは前述したとおり、人と競い合うことが出来るということです。色々な生徒がいるため、学校内とは違った緊張感がありますし、そこにいるすべての生徒が目標の受験に向かってひた走っています。そのため、学校のような生温い空気ではないので、自ずと勉強にも手が伸びやすくなります。

集団指導のデメリット

しかし、注意しなければいけないのは多人数での授業になるため、自分が授業のレベルについていけないとそのまま落ちこぼれてしまうということです。生徒のケアを第一に謳っている進学塾もありますが、基本的には放任主義となっています。

そのため、授業中に自分のレベルに合わせて話してくれるということは期待しない方が良いでしょう。むしろ、自主的な予習復習が求められると言っていいです。

個別指導について

学校での授業についていけないような生徒でも、指導方法を変えるだけでガラリと成績が伸びる可能性があります。そのため、どのような状態の生徒でも諦めてはいけません。

個別指導の進学塾は1対1、もしくはごく少数での授業を行う授業形式のことを指しています。個別指導は集団指導とは大きく異なるため、学校などの指導を期待している人には不向きだと言われています。

個人指導のメリット

個別指導は生徒のレベルに合わせた授業プログラムを組み立てます。他に生徒がいない、もしくは少ないため、授業プログラムに変更が利きやすく、その生徒に最適な授業を組み立てることが出来るのです。

また、人数が少ないため質問の時間を多く取ることが出来るというのも魅力の一つです。多人数での授業は質問の時間が少ないため、疑問が置き去りにされたままになってしまいがちになります。これが授業についていけない原因となるのです。

個人指導のデメリット

しかし、デメリットも指摘されることがあります。それは講師の質が大きく異なるということです。その生徒の特性をしっかりと見抜けるような講師でなければ、結局集団指導を変わらない結果になってしまうこともあります。

そのため、個別指導を行うときには講師の質に徹底的にこだわるようにしましょう。

映像授業について

これまでは、部活などで時間が遅くなってしまえば進学塾に通うことは到底不可能なことでした。そのため、家について自主勉強に励むしかなく、他の生徒との差が開いてしまうのは仕方がないことだと言われていたこともあります。

しかし、今ではインターネットを活用することによって、オンラインで映像授業を受けることが出来ます。これによって、部活などで忙しい生徒も勉強に勤しむことが出来るのです。

映像授業のメリット

オンラインでの映像授業は、レベルやスピードを自分のペースに調整することが出来ます。

さらに、時間がないときには早回しにして時短授業をしたり、逆にリスニングなどしっかりと聞き取りたい内容のときには遅回しにして再生をするなどの取り回しが可能になっているのです。

このようなことは、まさに映像授業ならではの魅力だと言えるでしょう。

映像授業のデメリット

しかし、気をつけなければいけないのは、あくまで自分ひとりで授業を行なっているという状態なのでモチベーション管理には気をつけなければいけません。周りにあるスマートフォンやゲーム、漫画などの誘惑に勝つ工夫をすることが重要です。

スマートフォンを使いタイムラプスモードで録画することで、勉強の記録付けと遊びを防止する効果を狙うことが出来ます。

まとめ

進学塾は大きく、集団指導、個別指導に分けられます。そして、最近になって広がりつつある映像授業は、場所を選ばずどこでも自主的に勉強できるメリットがあります。

自分の勉強方法や性格、目的などによって選ぶべき進学塾は変わってきますので、まずは色々な所の資料請求や体験入塾をしてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*