発達障害を抱える生徒さんには家庭教師がメリットが多くておすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発達障害を抱える子供さんをお持ちの方は、どのような学習スタイルを選べば学力をきちんと身につけられるのか頭を悩ませるかもしれません。

学校の勉強だけでは不十分、あるいは学校に通わせるのは難しいかもしれないと感じるのなら、家庭教師を利用することを検討されてはいかがでしょうか?

発達障害を抱える子供さんにとって、家庭教師はたくさんのメリットがあり、最もおすすめの学習方法と言えるのです。

今回は発達障害を抱える生徒さんに家庭教師がおすすめの理由とメリット、家庭教師を選ぶときのポイントをご紹介するのでぜひ参考にしてください。

発達障害を抱える生徒さんに家庭教師がおすすめの理由&メリットとは

発達障害を抱える子供さんの学びの場は、学校のほかに学習塾や家庭教師などがあります。そのなかで最もおすすめなのは家庭教師なのですが、その理由は何なのでしょうか?メリットとともに紹介していきます。

生徒さんのペースで学習できる

発達障害を抱える生徒さんの場合、どの学習ペースが最適なのかには個人差があります。学校や学習塾はクラスごとに学習ペースが異なるので、生徒さんに学ぶ意欲があっても、ペースについていけないことも少なくありません。

その点、家庭教師であれば、生徒さんに合わせて学習ペースが選べます。算数が苦手なら計算問題を中心に、読み書きを覚えるのが不得意なら国語を中心にカリキュラムを組むと言った感じです。

子供さんに合った学習ペースなら、わからないまま授業が進んでいく、周りの人のペースについていけないといった問題を解決できるでしょう。

コミュニケーションを取る余裕がある

学校や学習塾では一度に大人数の生徒さんに教育するため、1人1人の面倒を見る余裕がないのがデメリットの一つです。

発達障害を抱えた子供さんの場合は、教え方よりもコミュニケーションを上手く取ることが重要となってきます。

そのため、1人とじっくり向き合える家庭教師のほうが、生徒さんに合ったコミュニケーションの取り方で教育ができるので、学習能力の向上につながるのです。

学習指導だけでなくメンタルケアもしてくれる

発達障害を抱える生徒さん専門の家庭教師であれば、学習指導だけでなくメンタルケアも同時におこなってくれます。

たとえば、集中力が切れやすい子供さんには、まず教えることより集中力を持たせるケアを、すぐに自信をなくしてしまって学習が進まないのなら、自信が持てるようケアをしてくれるということです。

メンタルケアはマンツーマン指導でしかできませんから、これも家庭教師のメリットの一つと言えます。

専門家がバックアップしてくれる場合もある

発達障害の生徒さん専門の家庭教師派遣業者の場合、専門家がバックアップしてくれることもあります。

教師に発達障害の生徒さんを指導した実績があるかどうかだけでなく、生徒さんに合った指導法やメンタルケアを、専門家の目線から指導してくれるのです。

ただ学びの場を与えるだけでなく、個性を伸ばし、発達障害ならではの悩みを解消したいと考えている親御さんには、やはり家庭教師がおすすめです。

発達障害の生徒さん向けの家庭教師を選ぶときのポイント

家庭教師を派遣している業者は多数あるので、その中から我が子に合う教師を選ぶのは難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方のために、発達障害を抱える生徒さん向けの家庭教師を選ぶときのポイントをいくつかご紹介します。

1.発達障害への理解・知識は十分かどうか

ひとくちに発達障害とは言っても、LDや自閉症、アルペルガー症候群など複数の種類があり、それぞれ症状や特徴が異なります。

そのため、発達障害の生徒さんへの対応経験があるかだけでなく、理解や知識は十分なのかをきちんと確認しておかないといけません。

最も確実なのは、発達障害を抱える生徒さん専門の家庭教師派遣会社です。一般的な家庭教師の授業料より少し高値ですが、発達障害に対する理解と知識は申し分ないでしょう。

2.無料体験コースがあるかどうか

教師が発達障害の生徒さんの指導に慣れていたとしても、子供さんと相性が良いかどうかは実際に授業を受けてみないとわかりません。

入会してから判断するよりは、無料体験で様子を見たほうが費用はかからないので、無料体験コースがあるかを事前に確認しましょう。

3.家計を圧迫しない費用かどうか

子供さんに継続して家庭教師での学習をさせていくなら、家計を圧迫しない費用かどうかもきちんと確認しておくべきです。

授業料の相場は1回あたり5,000〜10,000円、週に2回授業だと月に50,000〜100,000円になります。

生活を圧迫するようであればほかの方法を選んだほうがよいかもしれないので、1回あたりの費用から月にかかる費用を事前に計算しておきましょう。

まとめ

発達障害を抱える子供さんに十分な学力をつけるには、家庭教師を利用する方法がおすすめです。発達障害の知識と理解があり、子供さんの性格に合わせた教師を選べば、学力低下の悩みから開放されるでしょう。

事前に月にかかる費用を計算し、無料体験を利用したうえで子供さんに最適な家庭教師を選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*