家庭教師に幼児教育もお願いできる!小学校受験を検討する方は必見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供に小学校受験をさせる場合、家庭内での学習だけでは不安に感じる方もいるはずです。

特に小学校受験をさせるのは初めてのご家庭ですと、何から教えていいのか右も左もわからないのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、家庭教師による幼児教育コースです。教える「プロ」による指導ですから、小学校受験に必要な学習の強力なサポーターになってくれます。

今回は幼児教育向けコースの家庭教師を利用するメリットやデメリット、学習内容について解説しますので、子供の学習方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

小学校受験のための幼児教育に対応している家庭教師もいる

小学校受験は中学や高校、大学受験と同じように、基礎だけでなく受験専用の学習が必要です。

年齢が進むとともに学習内容の難易度は上がりますから、小学校受験のための幼児教育は家庭内で完結すると考えている方もいるかもしれません。

しかし、子供に何かを「教える」というのは、意外と難しいものです。両親という普段から慣れ親しんだ人が指導を行うと、子供が甘えてしまい勉強に身が入らないという問題が起こるケースは決して少なくありません。

そんなときに心強い味方となってくれるのが「家庭教師」です。家庭教師といえば中学以上の受験や学校の授業をサポートしてくれるというイメージがあるかもしれませんが、幼児教育に対応している講師もいます。

幼児教育を行う家庭教師は「家庭でどう勉強させたらよいかわからない」「お受験対策に不安がある」という方によく利用されているのです。

幼児教育として家庭教師を利用するメリットとデメリット

家庭教師に幼児教育を行ってもらう場合、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。順番に解説していきます。

家庭教師を利用するメリット

家庭教師に幼児教育を任せるメリットの一つ目は、「小学校受験に必要な学習を効率よく行える」です。

両親だけで指導しようと思うと、何を学ばせたらいいか分かってはいても、どの順番でどう教えていいのか悩む場合もあるでしょう。試行錯誤しながら教えた結果、勉強量が足りずに受験に失敗してしまう可能性も否定できません。

その点、家庭教師なら最も効率のよい指導方法を熟知していますし、教え方も上手いので子供の理解速度が早まります。きちんと計画を立てながら指導してくれるので、受験対策にはもってこいなのです。

二つ目は「子供が集中して学習しやすい」という点。子供の中には自宅以外だと集中して学習できない子もいるでしょう。家庭教師による学習は自宅なので、慣れた環境で安心して勉強に取り組めます。

三つ目は「送迎が必要ない」です。自宅以外で学習させるとなると送迎が必要となります。共働きの家庭ですと時間的に厳しいケースもあるでしょうし、専業主婦でも頻繁に送り迎えとなると両親の負担は増えるばかり。送迎不要な点は塾に通わせる暇がない家庭には大きなメリットではないでしょうか。

家庭教師を利用するデメリット

幼児教育のために家庭教師を利用することは、メリットだけでなくデメリットもあります。

まずは家庭教師を利用するための「費用がかかる」という点です。費用は利用する家庭教師派遣会社によって異なりますが、相場は1時間あたり5,000円〜10,000円。週に1回60分授業を受けたとすると、月に20,000〜40,000円ほど必要です。

さらに入会金や教材代が必要なケースもありますから、家庭内で学習させる場合と比べるとそれなりに費用がかかります。

もう一つは、「子供と家庭教師の相性が合わないと成果が出にくい」という点です。子供の性格に個人差があるように、講師の指導方法も人によって違います。

1人目の講師で相性がよければ問題ないですが、合わずに子供の学習能力が伸びないと新しい講師を探さないといけません。

もちろん家庭教師派遣会社を利用すれば、両親の希望や子供の性格に合いそうな講師をピックアップしてくれます。業者によっては無料体験も利用可能です。

しかし、相性は実際に指導がスタートしないとわからない部分もありますので、相性のよい人に出会うまでに時間がかかる可能性はゼロではありません。

幼児教育向けコースの家庭教師はどんなことをやる?

小学校受験のための幼児教育向けコースでは、

  • 運動
  • 絵画や制作など芸術系
  • リズム指導などの音楽系
  • 会話
  • 図形
  • ものの形の記憶
  • 大きさや数を比べる
  • 小学校受験対策

などを行います。

子供によって得意不得意はありますから、苦手なところを重点的に学習させてくれる、オーダーメイド式のコースを設けている家庭教師派遣業社を選ぶのがおすすめです。

受験対策のための指導も講師によって教え方に違いがありますので、受験対策指導の経験が豊富な講師にお願いするとより効果が期待できるでしょう。

小学校受験対策はプロの家庭教師に委託するのがおすすめ

我が子のことであっても、小学校受験が目的となると教え方や学習内容に迷いが出やすいものです。

ただ読み書きを教えるのとはまた違いますから、不安を感じるなら家庭教師にお願いするとよいでしょう。

家庭教師を利用するときは「無料体験がある」「小学校受験を目的とした指導の経験が豊富の講師がいる」この2つのポイントに注目して家庭教師派遣業社を選ぶと、子供の学習能力を伸ばしてくれる講師が見つかるはずなので参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*